記事原文

Abe's push to amend Japan's Constitution faces uncertain future after Upper House vote

参院選後の安部首相憲法改正に向けた動きは不安な未来をもたらす。

Prime Minister Shinzo Abe’s long-held goal of amending Japan’s Constitution by 2020 appeared in tatters Monday, after the ruling coalition and pro-revision parties failed to capture the two-thirds supermajority needed to move the revision forward in the Upper House election held the previous day.

前日に行われた参院選で改憲派が2/3の圧倒的多数の議席を取れなかった事で長年のゴールである2020年までの憲法改正について月曜日安部首長は窮地に立たされた。

★ポイント

long-held goal  :長年の願望 ゴール
in tatters :ボロボロになった状態 ※ここでは窮地に立たされたと訳した。
the ruling coalition:政権支配している団体 ※与党の事
pro-revision parties:改憲派の政党
failed to :失敗する
capture :捉える
two-thirds :3分の2
supermajority: 圧倒的多数
forward :前へ
previous  day:前の日 

TOEIC​対策はこちら!

With the ruling Liberal Democratic Party and Komeito, along with pro-revision Nippon Ishin no Kai, securing only 157 of the 164-seat two-thirds supermajority needed to set in motion a national referendum on the issue, Abe had little choice but to extend an olive branch Monday in the hope of finding allies in other parties.

自民公明と維新の会で改憲の国民投票に必要な3分の2の議席数である164に届かず157議席だった。首相は他の党と本件に関して同調する他党を諭していくしかない。

★ポイント

motion  :動き
referendum :国民投票
issue :議題 案件
olive branch:和解
ally:同盟  

TOEIC​対策はこちら!

  • 英語コミュニティ
  • English news for study
  • 英語ニュースで英語を学ぼう!

© 2018 by englishnews-for-study.