記事原文

Rainy season ends in Japan's Kanto-Koshin region, giving way to intense heat

関東甲信地区が梅雨明けし猛暑に突入した。
The rainy season has ended in Tokyo and other areas in the Kanto-Koshin region of eastern and central Japan 30 days later than last year, the Meteorological Agency said Monday, giving way to intense heat.

東京と関東甲信地方で昨年よりも30日遅い梅雨明けとなり猛暑に突入と気象庁が発表した。
★ポイント

rainy season :梅雨(時)
has ended:終わった。
※現在完了を使っている事で現在も終わった事が継続したという意味が補完されている。
Meteorological Agency :気象庁
give way:譲る。

※ここでは突入した。と訳した。

TOEIC​対策はこちら!

Rainfall between June 7 and July 28 hit 526 milimeters in Choshi, Chiba Prefecture, 480.5 mm in Maebashi, Gunma Prefecture, 459 mm in Utsunomiya, Tochigi Prefecture, and 446 mm in Yokohama.

7/7から7/28までの降雨量は千葉銚子で526ミリ、群馬前橋で480.5ミリ、栃木宇都宮で459ミリ、横浜で446ミリだった。

★ポイント

Rainfall :降雨
hit:降った ※自然災害が起こった時に使われる。
 例)Earthquake hit ※地震が発生した。
Prefecture :県 

TOEIC​対策はこちら!

  • 英語コミュニティ
  • English news for study
  • 英語ニュースで英語を学ぼう!

© 2018 by englishnews-for-study.